Monthly Archives: 3月 2013

無駄なSEO対策それはアクセスがあってもコンバージョンにつながらないことです。
先日、AFサイトの運営者からこんな質問がありました。


「アクセス数が多いので収益0です。なんでですか?」


SEO対策をしているキーワードとコンテンツを見てください。
SEO対策しているキーワードはどんなときにいれますか?何を求めていれますか?


探したい内容とサイトのコンテンツが一致しなければ当然ページから離脱します。
どんなにアクセス数を稼いでも無駄です。
きちんとどういうユーザをターゲットとするかを決め、
そのユーザが検索するようなキーワードを選ぶことが大切です。


よくありがちなのが検索数が多いワードを選ぶことです。


間違いです。
検索数は少なくてもページコンテンツに誘導できるキーワードが正解です。


キーワードを入れた人が知りたい、見たいコンテンツではない場合、
アクセス数なんて多くても意味はありません。


今日はSEO対策のマメ知識編です。
実は、リスティング広告をだすと自然検索の順位が上がります。


いくつかのワードで試しましたが

リスティング掲載時は、8位、非掲載時は圏外
リスティング掲載時は、2位、非掲載時は5位
リスティング掲載時は、3位、非掲載時は7位
リスティング掲載時は、1位、非掲載時は15位
リスティング掲載時は、24位、非掲載時は圏外位

つまりはYahooからのリンクということで評価が高いんでしょうね。。。


SEOでキーワードを決めていくときリスティングを使うとわかりやすいです。
たとえばどんなキーワードがアクセスされやすいか考える場合
リスティングにロングテールワードで登録します。


するとどれだけ広告が表示されたかで
どれだけ検索されているかを取ることができます。


別にクリックされなくてもいいのでそこそこの額にしておくのがポイントです。
あまり低いと掲載されないこともあるので。。。


これで検索されやすいワードを選んでSEOをかければいいのです。


といっても、
検索されるされないは意外とくっきりと明暗は分かれるんですけどね。。。


SEO対策をしていると必ずここにぶち当たります。
SEO対策を重視するあまりコンテンツがおろそかになることです。


たとえば、1ページで同一ページへのリンクは1個が好ましいのが今のSEO対策です。
これはコンバージョンにつながるフォームへのボタンを1ページ1個しか置けないということです。
グローバルメニューにコンバージョンページのリンクがあれば
コンテンツにはコンバージョンボタンを置くことができません。


これではコンバージョンページへうまく誘導できませんよね?


SEO対策にばかり目がいってコンテンツをおろそかにしてはいけません。
仮にサイトへの流入が多くてもページ離脱につながるコンテンツではまったく無意味ですから。。。
100人中100人が離脱するページと
30人中5人がコンバージョンするページどちらが収益につながりますか?



ちなみにコンバージョン対策はEFOツールがおススメです。
業界最安値でさらに高機能です。月額がかからないのはいいですね。


コンバージョン対策の決定版、EFOツールのi-フォームKP
http://ikenet-web.com/efo.html


SEOと少しそれますがサイト流入においてリスティングも有効な手段です。
しかし、リスティングですが間違った使い方をしていませんか?


それはサイトのTOPページに対して複数のロングテールワードを並べることです。
こんなの単純に直帰が増えるだけでお金を無駄にしていますね。


ユーザはキーワードに対してなにを求めているかもう一度考えましょう。
これはSEO対策においても同様です。


TOPページに複数のキーワードで施策してもサイトテーマを考えた時に直帰離脱は増えます。
SEOもリスティングもユーザの事を考えることが大事です。


悪質なSEO会社の見分け方を簡単に書きます。

・外部リンクで上位表示できると自信を持っていっている
→内部のほうが大切です


・時間稼ぎをする
→小出しにいろいろと指示をしてくる


・複数キーワードで受注を取る
→どれか引っ掛かればいい的な考え


・複合ワードしか受注しない
→かんたんだから

要注意です。


複数キーワードで同一ページにSEO対策したいというお客様が多いです。
結論、内部を重視する傾向にあるのでテーマ性を考えるとありえません。




しかもユーザビリティーも悪いです。




内部の重要なタグに2つのワードを入れると不自然な文章になります。
もちろん相性のいいワードもありますが、
そのため不自然なサイトはユーザの信用性が大きく落ちて
ページ離脱や著気につながります。




これではサイト流入があっても無意味ですね。





そんなことをするよりもLPでターゲットを絞り流入したほうが得策です。